学生ローンの年齢制限

俗に学生ローンとは、学生本人に対して融資を行う消費者金融業者のことを指します。
学生の保護者を対象にした学費などの教育費用の補助を目的にしたローンは教育ローンと呼ばれます。


学生ローンと教育ローンの違いは、使用目的の制限についての有無があります。
学生ローンは、名称を入れ替えてしまえば社会人のキャッシングと同じサービスであり、費用の使い道に制限はありません。
教育ローンは、入学金や授業料など教育に関わる費用についてのみ使用が認められます。
教育に関連性のない私用の目的では、一切融資は受けられないのに注意しなければなりません。


そして、根本的な違いは審査の対象が学生本人か学生の保護者かということです。
学生ローンの主旨は、社会人に提供する融資を学生にも適応するサービスです。
経歴から働いている職種、職場、収入などまで社会人と同等に審査されます。
アルバイトなどで収入を得ていなければ、融資は受けられません 。
教育ローンで援助を受ける際は、保護者の仕事や収入などで審議されますので学生の個人情報は考慮されません。
学生ローンでは、契約を結ぶ本人の年齢がネックになることがあります。
消費者金融業者では、ローンの対象年齢を20歳以上と定めるのが一般的です。
やはり成人になっていなければ 、社会的責任が持てないとの判断から制限を加えている業者が大半です。
教育ローンの場合は、保護者は間違いなく成人となっており年齢で切られることはありません。


●特選サイト
学生ローンを専門に提供している金融業者です・・・学生ローン 専門